ドラマ「奪い愛、冬」の水野美紀の怪演が意外に、話題になった!

2017年1月20日から、毎週金曜日23時15分 - 翌0時15分に、テレビ朝日系の「金曜ナイトドラマ」枠で放送!デザイン会社で働くデザイナーで禁断の愛に走り出す主人公・池内光を倉科、光のアシスタントで婚約者でもある康太役を三浦、3年前に突然姿を消した光の元彼・森山信役を大谷亮平、信の妻・蘭役を水野美紀が演じる。この4名で凄まじい四角関係が繰り広げられるのですが、中でも水野美紀さんのキレっぷりが半端ない。水野は、壮絶な嫉妬を前面に出した主婦役を演じ、主役の倉科カナ以上の存在感を見せている。とにかく信の妻、蘭が怖い。どんどんと猟奇的な女へとなっていっている。

02.jpg

悪女の役だけど、水野さんは仕事を干された経験が踏まえている。もともと主役をこなす演技力をもっているが、これで完全に開眼したという気がするよね。人生経験を積んだ女優が見せる渾身の演技に、主役の倉科と三浦翔平は食われてしまった印象だ。

その中でめっちゃ面白いシーンがあるよ~そして、「ここのいるよ~」ってツイーターでは大ヒットになった。

光は、信を送り届け、部屋に上がる。現状維持を言い聞かせていた2人だったが、手が触れた瞬間に気持ちが爆発し、口づけを交わした。しかし、その瞬間「ここにいるよ~」と友人の家に遊びに行って留守だったはずの蘭の声が聞こえ、クローゼットから勢い良く登場

505A4584-34E4-4E6E-ACCB-81D79F2497FE.jpg

水野美紀さんの怪演が意外に、話題になった。実は今妊娠中で、ツイーターでは役者魂だと言われている。悪女の役で、水野美紀さんの素晴らしい演技が演出された。

isakura-iptv-footer.jpg


この記事へのコメント